おねしょ知識集 http://savingcaptaincrunch.com ある調査では、小学生でも2割程度、中学生なってもおねしょをするという子供もいるそうです。 Sun, 08 Feb 2015 01:48:38 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.8.2 子供とのかかわりかた http://savingcaptaincrunch.com/2015/01/31/%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f/ Sat, 31 Jan 2015 13:08:41 +0000 http://savingcaptaincrunch.com/?p=25 もし、自分の子供のおねしょが治らない、という場合、親としてはどうにかして子供のために治してあげたいと思うでしょう。

おねしょをしたからといって、叱るというのはあまりよくないと言われています。

叱ってもおねしょが改善するものではなく、逆におねしょしてはいけない、と気持ちが萎縮してしまい、逆効果になってしまうこともあるのではないでしょうか?

親として、おねしょをした子供にどのように接すればよいのでしょうか?詳しい情報はこちらのサイトで⇒小学生でおねしょをしたら?「傷つけない」親の対処法

いくら子供でも、おねしょをしてしまったという事実は罪悪感を感じているのではないでしょうか?

おねしょモニターのようなアラームを利用することにより、段階的におしっこの前に目を覚ますようなトレーニングは効果的だと言われています。

覚醒障害のように尿意があったとしても、目が覚めないという場合は、アラームで家族が目を覚まし、その時に子供を起こしてあげるということも必要ですね。

おねしょをなおすには、やはり家族が協力しあいことも大切です。

最近では、インターネットのコミュニケーションサイトで、子育てやいろいろなことで悩む人たちの情報を共有できるサイトもあるので、それも活用するとよいかもしれません。

子供に対しては、おねしょは必ず治るんだ、ということを話して安心させてあげるのも子供の心の負担を軽くするものと思います。

おねしょをしなかった日は、褒めてあげるなど、子供とのかかわり方も大切な治療になってくると思います。

]]>
おしっこのしくみ http://savingcaptaincrunch.com/2015/01/05/%e3%81%8a%e3%81%97%e3%81%a3%e3%81%93%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%bf/ Mon, 05 Jan 2015 11:13:45 +0000 http://savingcaptaincrunch.com/?p=23 先日、姉とおねしょについて話をしましたが、そもそも尿意を感じると、通常私たちはトイレに行くというあたりまえの行動に出ますが、そもそも尿はどんなしくみで作られるのでしょうか?

おしっこのしくみを知るうえで、知っておきたいのが血液の知識です。

私たちは食べ物から栄養を吸収しますが、栄養は血液の中にも入ります。

その栄養や呼吸によって取り込まれた酸素を血液に運んでもらっています。

血液は栄養や酸素を運ぶだけでなく、体内の細胞から不要なものを腎臓に運ぶという役目もしています。

腎臓は血液から運ばれた不要なものをろ過し、そこで不要なものはおしっことして排出されます。

腎臓から出されたおしっこは、膀胱に貯められます。

その膀胱がいっぱいになった時に尿意を感じ、トイレに行き排出するということになります。

まだ成長過程にある子供で、膀胱がまだ小さい、という場合は、当然ためておくおしっこの量が少ないということになります。

それもおねしょの原因にひとつになります。

また、膀胱がいっぱいになると、その尿意で目が覚めるものですが、目がさめないという覚醒障害が原因になっていることもあります。

成長すると膀胱も成長し、おねしよは自然に改善されますが、小学生になってもなかなかなおらない、という場合は、小児科や泌尿器科の受診が必要だと思います。

アラーム療法や膀胱の緊張を緩和させる作用の薬を投与したりする治療方法もあり、症状に応じて治療が行われます。

]]>
おねしょの治療方法 http://savingcaptaincrunch.com/2014/12/21/%e3%81%8a%e3%81%ad%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%ae%e6%b2%bb%e7%99%82%e6%96%b9%e6%b3%95/ Sun, 21 Dec 2014 04:51:48 +0000 http://savingcaptaincrunch.com/?p=21 おねしょの原因にひとつに、利尿ホルモンの分泌が不安定であるということを知りました。

その他の身体的原因としては、膀胱がまだ成長していないため、多くの量のおしっこをためておけない、という原因もあるようです。

ある程度体が成長していくと、身体的原因も解決されていくのですが、たとえば中学生や高校生になってもおねしょが治らない、という場合は、また他の原因があると考えられるので、医師に相談したほうがよいですね。

子供の時期、体がまだ成長過程においておねしょがあらわれるという場合には、アラームを利用したおねしょ対策器具が効果を発揮しているようです。

おねしょモニターとも言われるものがあり、それは下着が濡れた場合にアラームが鳴るというものです。

おねしょをした時にアラームが鳴り、本人が目を覚まし、それを続けることで尿意を感じた時に目を覚ましトイレに行くことができるようなトレーニングになります。

このようにトレーニングにより、おねしょ対策ができるということができるのです。

自分でトイレに行くことができ、おねしょをしなかったということは、おねしょをしている本人の自信にもつながるのではないでしょうか?

おねしょの治療は、おねしょモニターのようなアラーム療法だけではなく、その本人の症状などの応じて、薬物治療や生活指導、などもあるようです。

おねしょは自然になおる、子供の頃の一時的なもの、と言われていますが、その症状らにより治療が必要な場合もあるそうです。

]]>
利尿ホルモンとおねしょ http://savingcaptaincrunch.com/2014/12/02/%e5%88%a9%e5%b0%bf%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%81%a8%e3%81%8a%e3%81%ad%e3%81%97%e3%82%87/ Tue, 02 Dec 2014 13:43:51 +0000 http://savingcaptaincrunch.com/?p=19 私には双子の甥っ子がいます。

2人とも元気いっぱいで、少しもじっとしていなくて、ゲームをしているか走っているか、とにかく動きまわっています。

双子でも性格はまったく違うのだそうです。

お兄ちゃんのほうは、どちらかといえば優しくて落ち着いているのですが、弟はとにかく落ち着きがなく感情もすぐに表してしまうようです。

赤ちゃんの頃から知っているので、子供の成長はとても楽しみなものです。

先日、姉とおねしょ、夜尿症の話をしました。

おねしょの原因は、いろいろなものがあり、夜間におしっこの量が多いということがあります。

夜間おしっこの量をコントロールするのに大切な働きをしているのが抗利尿ホルモンといわれています。

スポーツなどで大量の汗をかき、体の中に水分が失われると、下垂体からの抗利尿ホルモンの分泌量が増え、尿量が少なくなるなどの働きをします。

その反対に、多量の水分を摂取すると抗利尿ホルモンの分泌が抑えられ、尿量が増えるようになります。

抗利尿ホルモンは、日中少なく夜になると多く分泌されるのだそうです。

子供が成長する過程で、抗利尿ホルモンは整ってくるのですが、まだ子供の頃は抗利尿ホルモンの分泌が不安定である、ということもおねしょの原因のひとつだと言われているようです。

体が成長して抗利尿ホルモンの分泌が安定してくると、おねしょも治ると言われていますが、おねしょがある時期には、おねしょモニターなどの対策器具があるようです。

]]>