もし、自分の子供のおねしょが治らない、という場合、親としてはどうにかして子供のために治してあげたいと思うでしょう。

おねしょをしたからといって、叱るというのはあまりよくないと言われています。

叱ってもおねしょが改善するものではなく、逆におねしょしてはいけない、と気持ちが萎縮してしまい、逆効果になってしまうこともあるのではないでしょうか?

親として、おねしょをした子供にどのように接すればよいのでしょうか?詳しい情報はこちらのサイトで⇒小学生でおねしょをしたら?「傷つけない」親の対処法

いくら子供でも、おねしょをしてしまったという事実は罪悪感を感じているのではないでしょうか?

おねしょモニターのようなアラームを利用することにより、段階的におしっこの前に目を覚ますようなトレーニングは効果的だと言われています。

覚醒障害のように尿意があったとしても、目が覚めないという場合は、アラームで家族が目を覚まし、その時に子供を起こしてあげるということも必要ですね。

おねしょをなおすには、やはり家族が協力しあいことも大切です。

最近では、インターネットのコミュニケーションサイトで、子育てやいろいろなことで悩む人たちの情報を共有できるサイトもあるので、それも活用するとよいかもしれません。

子供に対しては、おねしょは必ず治るんだ、ということを話して安心させてあげるのも子供の心の負担を軽くするものと思います。

おねしょをしなかった日は、褒めてあげるなど、子供とのかかわり方も大切な治療になってくると思います。