おねしょの原因にひとつに、利尿ホルモンの分泌が不安定であるということを知りました。

その他の身体的原因としては、膀胱がまだ成長していないため、多くの量のおしっこをためておけない、という原因もあるようです。

ある程度体が成長していくと、身体的原因も解決されていくのですが、たとえば中学生や高校生になってもおねしょが治らない、という場合は、また他の原因があると考えられるので、医師に相談したほうがよいですね。

子供の時期、体がまだ成長過程においておねしょがあらわれるという場合には、アラームを利用したおねしょ対策器具が効果を発揮しているようです。

おねしょモニターとも言われるものがあり、それは下着が濡れた場合にアラームが鳴るというものです。

おねしょをした時にアラームが鳴り、本人が目を覚まし、それを続けることで尿意を感じた時に目を覚ましトイレに行くことができるようなトレーニングになります。

このようにトレーニングにより、おねしょ対策ができるということができるのです。

自分でトイレに行くことができ、おねしょをしなかったということは、おねしょをしている本人の自信にもつながるのではないでしょうか?

おねしょの治療は、おねしょモニターのようなアラーム療法だけではなく、その本人の症状などの応じて、薬物治療や生活指導、などもあるようです。

おねしょは自然になおる、子供の頃の一時的なもの、と言われていますが、その症状らにより治療が必要な場合もあるそうです。