お正月に久々に家族が集まり、にぎやかに過ごしました。

姉には双子の子供がいるのですが、今年から小学生になる年頃で、元気いっぱいです。

双子の育児はかなり大変なようで、育児に専念するために姉は看護師の仕事を辞めました。

資格を持っているので子育てに手がかからなくなったらまた看護師として復帰したいと思っているそうです。

看護師なので、子供の健康状態にはかなり詳しく、看護師という仕事が役に立っているという話をしていました。

体の変調はいちはやく察知できるのですが、最近では精神的に病んでいる子供多くなっているようですね。

特に幼児虐待は年々増えてきているようで、それが子供にはかなり大きな影響を与えるようです。

精神的なものはおねしょにもあらわれるようです。

ある調査では、小学生でも2割程度、中学生なってもおねしょをするという子供もいるそうです。

ふつう子供で大人でも、膀胱がいっばいになるとトイレに行くという行動になりますが、おねしょをする原因は、膀胱がいっぱいになったという指示が、寝ている間脳にうまく送られないということが考えられるそうです。

また、膀胱がまだ成長していないなどの原因もあるそうですね。

このように、おねしょの原因にも色々なものがあります。夜尿症(おねしょ)の原因 | 漢方薬専門の和漢堂薬舗に原因について詳しく載っていますよ。

無意識のうちにおねしょをしてしまうというのは、子供であっても精神的に恥ずかしい、ショックだと感じるのではないでしょうか?

そんな時に、親からおねしょをしてダメな子、などと言われてしまうとますます気持ちが萎縮してしまうのだと思います。